MENU

借金返済における保証人と連帯保証人の違いとは?

 

一口に借金返済に困っているといっても、その理由は色々です。
中には、他人の保証人になったために背負う事になった借入という場合もあるでしょう。

 

借金の保証人は、ほぼ例外なく「連帯保証人」となります。
一体どう違うのか、詳しく知っている人はあまりいませんが、いざ返済となった時に大変な差があります。

 

借金の連帯保証人は、保証人という名称こそ付いていますが、内容的には全く違い、事実上の連帯債務者です。
言葉が似ているだけで、責任の重さが全く違うのです。

 

借金返済における連帯保証人にはない3つの権利

保証人が当然のように持っている3つの権利がありますが、連帯保証人にはありません。
この点を理解せずに契約書に署名する事がとても多いのですが、後になって後悔する人が殆どです。

 

連帯保証人は事実上の連帯債務者である為、自分が借金をした場合と同等の返済責任がある為です。
保証人との違いは、「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分割の利益」の3つの権利を有していないことです。

 

※抗弁権:相手方の請求権の行使を、ある条件の成就するまで一時的に拒否することのできる権利。

 

催告の抗弁権

催告の抗弁権とは、借金をした本人は破産もしていないし、行方不明にもなっていないのだから、連帯保証人より先に本人に返済させるべき、と抗弁する権利です。

 

検索の抗弁権

検索の抗弁権とは、借金した本人には財産や収入があるので、連帯保証人より先に本人に返済させるべき、と抗弁する権利です。

 

分割の利益

分割の平等とは、複数保証人がいる場合、借金を人数で割った金額まで保証して返済すれば良いという権利です。

 

借金返済における連帯保証人が払わないですむ方法はない

債権者(貸主)側から見ると、連帯保証人とは、本人がいて財産や収入があっても、保証人全員に借金の全額返済を請求できる保証人、という事になります。
何とも都合の良い存在ですよね。

 

保証人と呼んではいますが、実際には「連帯債務者」と同じです。

 

「絶対に迷惑はかけない」「形だけのものだから」「名前だけ貸して欲しい」といった言葉で、借金の連帯保証人になる人が多いのですが、そう言っていた本人が夜逃げしてしまって、絶望のあまり自殺してしまう人もいるのです。

 

夜逃げならまだマシかもしれません。
中には、借金した本人は自己破産してしまって、返済から解放されてノンビリしているのも関わらず、残った負債を連帯保証人が背負って苦しんいるケースも少なくありません。

 

それなら、保証人も自己破産すれば?
と、考えるかもしれませんが、そう簡単ではないのです。

 

自分自身も、親兄弟や親族などに借金の連帯保証人になって貰っている場合、自己破産して迷惑を掛けることができないため、泣く泣く返済していたりするのです。

 

「自分自身が借りた」「請求されればいつでも支払う」、そういった気持ちでいるなら良いのですが、大抵は覚悟もなく引き受けているので、いざという時にショックが大きいのです。
連帯保証人=借主、と肝に銘じておきましょう。

 

借金した本人が死亡すると連帯保証人が返済することになる

借金した本人が死亡した場合、残された財産があっても、連帯保証人に返済の請求が来ます。
例え納得できなくても、支払うほかありません。

 

逆に保証人側が死亡した場合はどうなるかと言えば、そのまま本人が返済を続けることになります。
困ったこともあります。
後任を要求され、別の保証人を探せなければ、借金の一括返済を請求される場合がある点です。

 

勝手に借金されたら保証人であっても返済は不要

ただし「基本取引約定書」などで定められた限度額(極度額とも言います)を保証していて、自分の知らない間に勝手に借入額が増えていたというような場合、保証意思を明示していないという事で、債務自体を否定できる可能性もあります。

 

以前は、極度額を決めて保証人になったら、勝手に借金を増やされても返済する必要があったのですが、悪用する業者が横行したため、現在では禁止されています。

 

いずれにせよ、ある日突然返済を迫られて、それが支払いできないような金額の場合は、弁護士に今後について相談してみましょう。

 

勝手に借金の保証人にされていないか調べる方法

 

借金をするときには保証人を立てることがあると思いますが、自分では覚えがないのに、勝手に保証人にされていることもあります。

 

そういったケースは滅多にあるものでありませんが、家族など身近な人がそういうことをしていることもあるので、そうなっていないか?を確かめるというのが大切です。

 

勝手に借金の保証人にされていないか確認する方法はあるのか?というと、これはあります。
基本的には、民間企業から借金をするケースが多いと思います。

 

そういった場合であれば、信用情報機関を利用すると、自分が誰かの債務のための保証人になっていないかを確認することができます。

 

借金をしたことがないという人にとっては、信用情報機関というのがよく分からないと思います。
借金と返済に関する個人信用情報を管理しているのが信用情報機関で、ここに問い合わせれば良いということになります。

 

それで仮に自分に覚えがないところで勝手に保証人にされている事実があるとしたら、それは効力を発しないので、心配は不要です。

 

信用情報機関は、個人信用情報に関してほぼ全ての情報を有していますので、知っておくと便利に使えるときもあるのではないでしょうか?

 

連帯保証人になったら夜逃げされて家族が借金返済

 

本人が借入してなくても、借金を返済しなければいけない場合があります。
それは、連帯保証人になっている場合です。

 

私の伯父は優しすぎるのか、困っている人がいると、簡単にお金貸してしまう性格をしていたそうです。
そうなると、筋の悪い人達も相談に来るのです。

 

伯父は、ある男性が人生をかけて頑張りたいという事業の連帯保証人になったのです。
その男性は、事業のために2000万円を借金していました。

 

知り合い程度の人間の連帯保証人になってしまったことで、その後、私達家族も大変な目に遭うことになりました。
資金を借り入れて事業を進めていた男性は、その事業に失敗し、借金返済だけを残して夜逃げしたのです。

 

当然、金融会社から連帯保証人である伯父に請求が来るわけです。
伯父も多少のお金は持っていましたが、2000万円もの借金となると簡単には返済できません。

 

それでも、しばらくの間は楽観的な伯父でした。
ところが困ったことに、連帯保証人である叔父に2000万円の借金を返済する方法はなく、最終的には私財を売る必要まで出てきたのです。

 

それを不憫に思ったのが、私の家族です。
両親が、伯父の借金返済の肩代わりをしたのです。

 

本来は、連帯保証人である伯父は大変ですが、私の家族には関係ありません。
ところが、叔父の家が売却されるのは可哀想だと、私の両親が自分達が借金してまで返済のサポートを始めたのです。

 

私の両親も計画性がない人達です。
返済できない借金を作るので、当然、家族である私にも催促が来るという最悪なことになりました。

 

全く支払いを背負う必要がないにも関わらず、支払いをしてる自分自身が悲しくなるとともに、生活レベルを下げるしかなくて20代の頃は大変でした。
結局、30代半ばまで私も両親の借金を返済していました。

 

連帯保証人は絶対にダメです。
頼まれても、断るのが賢い方法です。

借金返済問題の解決なら、プロの法律家に相談するのが一番ですが、どこに相談すればいいのか、普通は分かりませんよね?
そんな時は無料で利用できる「借金返済シュミレーター」がおすすめです!
診断後に法律事務所を紹介して貰う事も可能なので、解決できそうか確認してみましょう。

>>借金返済シュミレーター<<