MENU

借金地獄の実話、返済方法の体験談

 

ここでは、様々なパターンの体験談を紹介しています。
弁護士や司法書士に相談して法的な借金返済方法で問題を解決した事例や、反対に借入が増えてしまった事例など色々ですが、宜しければ参考にして下さい。

 

勿論、ご自分が今置かれている状況と、紹介している体験談は違っている点も多いと思います。
大切なのは、借金で苦しんでいるのは自分だけではない事を認識することと、前向きな気持ちを奮い立たせることです。

 

月々の支払いが滞るようになると、どんどん気持が小さくなっていきますし、自分に自信が持てなくなるものです。
確かに借りたものを返せないのは褒められた行為ではありませんが、必要以上に自分を卑下する必要はありません。

 

そもそも金融機関自体、潰れそうになって税金で救済された所も多いのですから、偉そうにできる立場ではないのです。

 

借金地獄から金持ち体験談

借金地獄から金持ちになった人だっています。
yahoo!JAPANの小沢社長、GMOインターネットの熊谷社長などは、数十億、数百億の借金地獄で苦しんだ体験を持っています。
いまでは、大金持ちです。

 

起業家と一般人は違うと思うかもしれませんが、借金返済の苦しみは一緒です。

 

借金と人間性は別です。
例え金融会社からの借入は滞ったとしても、周囲の人間関係を大事にしている人は、必ず立ち直れるのです。

 

借金完済、気持ちいい〜

苦しんだ人ほど、借金完済した気持ちは格別です。
やっと解放されたという安堵感と、自分は最後まで返済したという達成感があります。
自分もそうでしたから。

 

借金返済は苦しいですが、頑張れば必ず終わりは来ます。
借金が完済できたら、本当に気持ちいいですよ。
同じように苦しんでいる人の体験談を参考にしてみてください。

 

借金返済体験談|借金を完済した気持ち記事一覧

私の主人は、事業に失敗してしまったことがあります。私は、仕事のことには口出しもしていませんでした。しかし、次第に家にお金を入れなくなっていき、不信感が募り、問いつめたところ、多額の借金を背負っていることが分かりました。その金額は、2000万円近くありました。その時の私の貯金は、900万円くらいでした。私は、正社員として勤めているので、安定した収入はありました。だから、当面の生活費も考慮して、とりあ...

今から20年程前の20代後半、当時OLだった私は洋服が好きでお給料の多くを服に費やしていました。今はファストファッションでセンスの良いものが安く買えますが、当時はまだスーツを購入すれば軽く3万円以上した時代。靴も1万円以上は当たり前でした。一人暮らしの家賃を払えば、それほど贅沢もできない手取りにも関わらず、つい買ってしまう生活が続き、ついにはクレジットカードのカードローン機能を利用して借金するよう...

私には、以前パチンコにハマって200万もの借金をつくってしまった経験があります。私は現在、埼玉県の南部に在住している37歳の独身女性です。仕事はパッチーワーク製品の製造工場で工員をしています。私はこれまでの人生の中で男性とお付き合いをした経験がまったく無く、今まで男性とお付き合いをしたいと思った事もありませんでした。ある時会社の飲み会で同じ工場に勤める男性と知り合いになり、そして交際に発展する様に...

7年ほど前、クレジットカードのリボ払いが嵩んだことで、毎月の支払い額が多くなりました。そして、毎月の返済方法に苦慮するようになってしまいました。結婚したばかりの妻は、私に相談することもなく、クレジットカードのキャッシング枠を利用。この方法でお金を捻出し、借金返済に充てるようになっていったのです。それでも、クレジットカードの利用は、止まることはありませんでした。当時、結婚生活がそのような状況になって...

私の夫は以前、500万近く借入がありました。当時の2人の趣味はスロットでした。休日の日は朝から閉店まで行くのがデートコースでもあった程、のめり込んでいました。だけど、その頃はスロットに夢中で勝つ時は1000円の出資金で帰る頃には18万位になっている時代なので、負けても時期また挽回する!と決めつけていた部分もあります。だけど、彼が趣味に使っていたそのお金は消費者金融で借りていたとは知りませんでした。...

5年ほど前、私は買物依存症になっていました。見るもの見るもの欲しくなり、特にネット通販で買い物をしまくっていました。最初のうちは毎月の支払いも何とかなっていましたが、だんだんに苦しくなってきて、貯金を切り崩して返済に充てるようになりました。いつしか貯金も底を尽きました。次に考えた方法が、クレジットカードの返済をリボ払いにする方法でした。リボ払いにすれば、未払い残高がどんなに残っていても、毎月定額だ...

私はOLで、会社以外の時間はこれといった趣味もなかったので、お金をたいして浪費せずに暮らしていました。しかし友人の誘いで一度パチンコに行って以来、重度のギャンブル依存症になってしまいました。少しでも時間があれば、近所のパチンコ屋へ行ってしまうようになり、休日も一日中パチンコを打っていました。ギャンブルの負けが嵩み、OLの安月給だけでは勝負できなくなってきたので、カードローンの契約をし、借りたお金を...