MENU

借金返済には節約が一番大切なコツ!

 

借金返済で困ってしまう人というのは、お金が足りなくて支払いできないということで、悩むことがほとんどです。
中には借金の取立てや、法外な高金利で苦しんでいる人もいます。

 

お金がないというのは、法律では解決できないことも多く、自己破産や任意整理といった方法で解決できたと思っても、その後の生活に苦しむ人が多いのが現実です。

 

そもそも、借金することになった原因を、根本的に解決できていないので、目先の返済がなくなったとしても、それは一時のことにしかすぎないということです。

 

結局のところ、シンプルではありますが、本当に借金返済を考えるのであれば、節約する方法が一番大切なのです。
そして節約ですが、勘違いしている人が多いです。
一見、節約しているように見えて、結構な無駄遣いをしてしまっている人が、本当に多いのです。

 

借金返済のための節約は方法を工夫する必要がある

たとえば、Aというお店よりBというお店の方が、実際に自分が欲しいと思っている品物の価格が安いとなったら、Bで品物を購入するでしょう。

 

しかし、実際にBで買い物をした際、本当に自分が欲しい品物だけを購入したでしょうか?
特に100円ショップなどの安価なお店をよく利用しているような場合、安いからといろいろなものを買っている傾向にあります。

 

Aのお店であれば、多少高くても、その品物を買っておしまいだった可能性がありますが、Bの安さに魅力を感じ、結果無駄遣いをしていることがあるのです。
買い物をしていると、安いから一緒に買っておこうと考える人は多いです。

 

借金返済のための節約には我慢が必要

それは、結果として余分な出費、浪費してしまっていることになります。
シンプルではありますが、耐える、我慢するということが、もっとも大切なのですね。

 

節約をしていくためにも、事前に必要なものかどうかをしっかりと検討し、購入時は無駄な買い物をしないようにするなど、徹底した意識を持って工夫することがコツです。

 

借金返済のためであれば、苦しくても耐えて、節約するという覚悟が必要になってきます。
強い気持ちを持つことで、モチベーションを上げ、少しでも楽な生活ができるように頑張っていきましょう。

 

借金返済のの節約術、固定費用を削減する方法

 

固定費用とは、支出の中で、毎月必ずかかる費用のことを言います。
これは、人によって大きく異なりますが、主だったところでは光熱費や娯楽費、携帯電話の費用などの通信費が該当します。

 

もし、借金返済のためにお金が足りないと分かったら、まずはこの固定費用をしっかりと見直して節約する方法で、ある程度解決できる可能性があります
生活していくための費用がなければ、その費用をどこかで捻出しなければなりません。

 

たとえば、タバコやお酒をストレスがない程度に減らしたり、光熱費の節約をしたりするだけでもだいぶ違ってくるのが一般的です。
ヘビースモーカーならば大きな結果が期待できるでしょうし、インターネットのプランや携帯電話の費用を節約する方法でも費用が捻出できることもあります。

 

また、外食をよくするようなファミリーの場合、回数を減らし自炊する回数を増やす方法でも費用が変わってくるでしょう。
意外と気づいていないだけで、結構贅沢もしているものです。

 

それらを我慢するだけでもかなりの費用が浮くでしょうし、借金返済に役立つこともわかっています。
収支の計算をしていて大丈夫だったはずの借金でも、何かと都合をつけることが難しくなってきた場合、どこから費用を削れるのかを真剣に考えなければなりません。

 

固定費用の見直しをすることで節約もできますし、借金返済が終わったらその分が貯金に回ります。
将来のことも考え、借金をするかどうかを検討する前に一度固定費用を見直してみるといいでしょう。

 

借金を自力で返済するには収支を考えた節約が必要

 

借金をしようと考えている人というのは、ほとんどがちゃんとした収入を持っている人で、それなりの返済能力があると考えているでしょう。
しかし、その力は本物でしょうか…?
借金返済を考えるにあたり、見落としてしまいがちなのは、収入と支払いの関係、節約です。

 

まず、普段の収支の関係はいかがでしょうか?
借入がないということは、収入の方が勝っている状態でしょう。
しかし、借金返済が絡むということは、それだけ支出が増えるとことになると考えている人は、思っているよりも少ないです。

 

その結果、普段の生活費に加えて支払い分が上乗せになるため、収入に対して支出が大きくオーバーしてしまうことがあります。
色々考えた結果、明らかに支出が増えてしまうようであれば、今回の借金は見送ることも視野に入れなければなりません。

 

たとえば、収入が30万円あり、支出が28万円、3万円が返済になれば、1万円の赤字です。
これが節約で補てんできればいいのですが、できない場合は負の連鎖につながる可能性があります。

 

なぜならば、節約してもお金が足りなければ、生活費をまかなうために更に消費者金融からお金を借りることになるでしょう。
一見、お金はあるように見えますが、結果としては支払いが増えるだけで、決して黒字にはなっていないのです。

 

収入があるし節約するから借金返済は大丈夫!ということではなく、収入はあるけれど、返す分が上乗せになっても大丈夫か?ということを考える必要があります。
返せないというオチにならないよう、しっかりと収支の状況を見極めるた上での節約が必要なのです。

 

借金返済アプリは役に立つ節約方法ではない

今はスマホ時代ですから、借金返済アプリについて調べてみましたが、あまり節約の役には立たないと思います。
アプリの内容はというと、金利計算、家計簿が殆どですね。
正直言って、紙でも家計簿は付けられるし、金利計算などは無料で利用できるサイトがいくらでもあります。

 

わざわざアプリを購入する必要はありませんし、借金返済アプリという名前が付いていることにも違和感を感じました。
計算ソフト、家計簿ソフトですよね。

 

借金返済のために節約しなければいけない時に、余計なアプリを購入するお金が勿体ないと思います。

 

借金返済の節約でど貧乏生活になった体験談

 

仕事や対人関係のストレスから毎週の休みの際に買い物などを、全てクレジットカードで大量にしていました。
そして、数ヶ月後には毎月のカードの支払いに困ってしまいました。
その後の借金返済の対策として、未払い分を全てリボ払いへ変更したものの、リボ払いの利用限度額にも達したことが原因で、ど貧乏生活になったことがあります。

 

とりあえず、カードの支払いを全てリセットしたかったので、消費者金融でまとめてお金を借りる事にして、未払い分が払える70万円を借り入れしました。
そのお金で一旦カードの未払い分を支払いし、その後消費者金融から借りたお金の支払いをスタートしました。

 

この借金返済はとにかく早く終わらせたかったので、毎月5万円の支払い金額にしました。
本当は毎月2万円などの支払い額にしたかったのですが、あまり低い金額ですとまたお金を使ってしまいそうでしたので、節約で毎月ど貧乏生活になってでも、しっかり返す様に自分を追い込む金額にしました。

 

借金返済ブログで節約術を読んで実践

毎月5万円の支払いは、自分の貰っている給料からすると大変でしたので、とりあえず節約のために食費を見直しました。

 

週に2回程外食していたのを、節約のために月に2回のみにして、とにかく誘われらた心を鬼にして断る様にしました。
この外食を減らした事で、月に2万円程は節約になったので、その分は借金返済にあてました。

 

また、会社でのお昼ご飯もコンビニで買っていたので、スーパーなどで冷凍食品を安く買ってきて、毎朝簡単なお弁当を作って持っていきました。

 

そして食費の節約だけでなく、毎週買っていたお洋服を買わない様に、休みの日は公園や体育館で友達と運動をしたり、友達の車でドライブへ行ったりと、とにかく街中へ行かない節約をして、その分で浮いたお金もきちんと支払いへ使いました。

 

この様に自分をど貧乏生活に追い込んで、何とか早期に借金を返済することが出来ました。
その後も、しっかり節約してお金を管理できる様になり、借金とは無縁になれたので、よろしければ参考にしてください。

 

借金返済のための副業は節約と同じくらい重要

借金返済のための節約を頑張ることは重要ですが、節約が限界のある方法です。
しかも、その限界は意外に低かったりします。
借金を一気に早く返す方法なら、副業で収入を増やすのが一番です。

 

参考:借金返済のために副業で昼も夜もがむしゃらに働く方法

借金返済問題の解決なら、プロの法律家に相談するのが一番ですが、どこに相談すればいいのか、普通は分かりませんよね?
そんな時は無料で利用できる「借金返済シュミレーター」がおすすめです!
診断後に法律事務所を紹介して貰う事も可能なので、解決できそうか確認してみましょう。

>>借金返済シュミレーター<<