MENU

借金返済したくない!踏み倒したとして時効にはどれくらい掛かる?

ご存知だと思いますが、借りたお金を返せない、返したくないという時、法的な手続きなどを行わず放置することを「踏み倒す」と言います。
私は、借りる側、貸す側の両方を経験していますが、「借金踏み倒し」に成功することは稀です。

 

貸している側も、あの手この手を使って借主を探しますので、そこから逃れるのは大変です。
本気で踏み倒すなら、それなりの覚悟が必要でしょう。

 

それでも、「借金踏み倒しの誘惑」に駆られている人に、その困難さと時効までの期間について、ここでは解説しています。
よろしければ参考にしてください。

 

 

債務の種類ごとの時効までの期間

時効までの期間は、どういった債務なのか?どこから借りたのかによって異なります。
簡単に表にまとめましたので参考にして下さい。

 

債務 時効までの期間
個人からの借金 10年
業者からの借金 5年
飲み食いのツケ 1年
商品購入時の買掛 2年
慰謝料 3年

 

借金を踏み倒して時効が適用されるには、以下のような注意点があります。

貸主が一定期間、時効を「中断」させることができる
時効までの期間が経過後、「援用」をしなければ時効は成立しない

 

時効の中断

以下は時効を中断する方法、及び期間についてまとめたものです。

 

時効の中断理由 具体的例 時効の中断期間
裁判上の請求

支払督促の申立
民事調停の申立
和解の申立
破産・再生等の手続参加

10年間
裁判外の請求

内容証明郵便
(中断は1回目のみ)

6ヶ月
差し押さえ・仮差し押さえ - 10年
借主の承認

債務の一部を弁済した
返済猶予の依頼をした
支払を約束する書面差し入れ

債務の毎の時効期間

 

時効の援用

時効は、定められた期間が経過したからといって自動的に成立するわけではありません。
時効の援用、つまり時効の利益を受けることを債権者に伝えることによって、初めて時効が成立するのです。
実務的には、配達証明書付き内容証明書で時効援用の文書を郵送します。

 

 

借金踏み倒しは夜逃げとセット

キャッシングやクレジットの業者は、延滞先の時効までの期間をシステム的に管理しています。
時効が近づいてきたら、支払督促の申立てにはじまり、確定判決までの手続きを行います。
これで5年だったはずの踏み倒しまでの時効が、更に10年間も延長されます。

 

15年間、催促され続ける生活なんてどう考えても無理ですよね。
ですので、当然ですが踏み倒しは夜逃げということになります。
ですが、業者は定期的に住民票で移転先を調べますので、住所も移せません。

 

別の遠い街に逃げたとして、住所も移せずまともな仕事に就けるでしょうか?
こんな生活、15年も耐えられますか?
借金踏み倒しを簡単に成功させているのは、日本国外に帰る場所のある外国人くらいでしょう。
さすがに、外国まで追いかけていく業者は殆どありませんから。

 

法的手続きが賢い借金返済方法

以上のように、そう簡単には成立しないものなのです。
そんなに簡単に夜逃げで帳消しなどというものを認めていたら、社会がなりたちませんよね。

 

そんなことを狙う暇があるのなら、少しでも借りているお金を返済していった方が楽というものですし、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談する事で、解決の糸口が見える事もあるでしょう。
最悪、債務整理をすれば、借入残高が減って大分完済しやすくなりますし、逃げ切るという考え方は捨てた方がいいでしょうね。

 

踏み倒しや時効といった言葉で検索して当サイトを訪問される方も多いのですが、個人間の金銭問題ならともかく、貸金業者からの借金問題解決については、法的手続きが一番です。

 

逃げ続けるための費用を思えば、法律事務所に払うお金だって工面できる筈です。
弁護士や司法書士が受任した以降は支払い督促もストップするので、心労からも解放されます。
現実的な方法で、問題を解決すべきだと思います。

 

参考:借金返済相談の無料窓口のある法律事務所は?

借金返済問題の解決なら、プロの法律家に相談するのが一番ですが、どこに相談すればいいのか、普通は分かりませんよね?
そういう方には、「無料診断シミュレーター」がお勧めです。
診断後に法律事務所を紹介して貰う事も可能なので、解決できそうか確認してみましょう。

借金返済