MENU

借金が原因で人が死ぬのは絶対に間違っています。

日本は世界でも有数の自殺大国です。
内閣府の統計によると、年度によって増減はあるものの、毎年約3万人もの自殺者が出ています。
自殺原因で一番多いのは、健康問題ですが、それに次いで「経済・生活問題」が多いのです。

 

もちろん、全てが借金苦が原因ではないと思います。
ですが、「お金」が原因で年間に数千人もの人が自らの命を絶っています。

 

このサイトに訪問される方の大部分は、借金返済問題で悩まれている人だと思いますが、まず私が言いたいのは、お金が原因で人が死ぬのは絶対に間違っているという事です。

 

 

責任感の強い人ほど借金苦に追い込まれていく

借金苦で自殺する人は、責任感の強い人なのだと思います。
次々に来る返済日ごとに何とかしなくてはと、金策に走り回って、疲れきって死を選ぶのかもしれません。

 

借金苦だと冷静になれないかもしれませんが、ちょっと落ち着いて考えてみて下さい。

 

本当にそれしかないのでしょうか?
もっと違った借金返済方法がある筈です。

 

参考:賢い借金返済方法は?はっきり正直に答えます。

 

債務整理すれば借金苦は楽になる

そもそも、私がこのサイトを運営しているのも、借金苦で経済的に困窮している人に情報・知識を提供するためです。
世の中には、知っているだけで解決できることも沢山あります。

 

借金苦で自殺するような人を、一人でも減らしたいと思っているのです。

 

もちろん、債務整理のことなど元々知っている方も沢山いらっしゃると思います。
でも、知ってはいても決断できない・・・。
よくあることですよね。

 

そんな借金苦で苦しんでいる方が一歩を踏み出せるよう、少しだけ背中を押せたら・・・そうも思っているのです。

 

金融会社や金貸しの真実の姿は?

借りたお金を返す・・・、もちろん当たり前です。
真面目に返す奴が馬鹿だなんて、思っていません。

 

ただ、借金苦に困っている借主の責任感の強さに付け込んでいる貸し手側はどうなのかと問いたいのです。

 

銀行にしろ、ノンバンクにしろ、経営が危うくなれば親会社や国に泣きついてお金(=税金)を出して貰いながら、高給を取り続けているような人達でしょう?

 

私はノンバンクに勤務していた事もありますが、その時の経営者は、「金融業者の社会貢献はどんどんお金を稼いで税金を払う事だ」と言っていました。
納税は当たり前の義務で、それを行っているからといって社会に貢献しているとは言えないと思います。

 

要は稼ぐ事しか頭にないんです。
借金苦で自殺するまで悩んでいる人の事など考えていないのです。

 

返さない奴が悪い、といった考え方が根本にあります。
でも、約束通りに借金返済したくても、できない事情が途中で出てくることもあります。

 

突然リストラされたら、果たして期日通りに返せるでしょうか?
リストラまでされなくても、給料が減らされたり、ボーナスが出なくなったりといったことは、誰にでもあることです。
そういった予想外の状況から借金苦に陥り、遂には自殺しかないと考えるのだと思います。

 

借金苦なら債務整理に罪悪感を感じる必要はない

借金苦で自殺まで考える状況なら、債務整理をして生活を再建しましょう。
日本国民に認められている権利なのですから、罪悪感など感じる必要はありません。

 

金融会社が、お金を貸して金利を稼ぐ権利を持っているように、払えなくなったら債務整理して生活を再構築できるのです。

 

失敗してもやり直す権利を持っているのです。

 

自分の今後の生活に一番良い方法を選択すれば良いのであって、借金苦だからといって自殺しかないなどと思わないでください。
当サイトでも、力になってくれる法律事務所を紹介しているので、よろしければ参考にしてみてください。

 

参考:借金返済相談の無料窓口のある法律事務所は?

 

例え借金が原因で自己破産したとしても人生が終わるわけではありません。
破産後に慎ましくも幸せな生活をしている人だって沢山いるのですから。
それどころか、起業して成功する事も不可能ではないのです。

 

借金を繰り返しては駄目

債務整理をして借金苦から解放されたら、身の丈にあった生活を送って下さい。
まじめに働いて、節約して、収入の範囲内で生活すること、地味ですが一番大切な事です。

 

参考:借金返済には節約が一番大切なコツ!

 

借金返済で自殺など考える必要はありませんが、経済的な自立を取り戻す事は必要です。
同じ失敗を繰り返さないよう、何が問題だったのか振り返ることが重要なのです。

 

借金苦になる人の特徴

借入をする目的は人それぞれですが、お金を借りて使うため責任を持って今後のことを考える必要があります。
借金苦になる原因は残高が増えすぎて返済が追いつかなくなることが多く、当事者自身の考え方や行動に原因があることを自覚していない場合がよくあります。

 

お金を借りる際には、消費者金融会社や銀行などを利用する方法が一般的ですが、利息が高いため収入が追いつかなくなることが原因で残高が増えすぎる傾向が強いです。

 

複数の会社から借金をする時は返済シミュレーションを使って今後の金銭計画を立て、その場しのぎの考えをしないように心がける必要があります。
簡単にお金を手に入れる方法を知ると金銭感覚を麻痺して癖になりやすく、自分自身で責任を持って考えることを怠りやすいことが特徴です。

 

借りた金額に利息などがかかるために安易に使わないように心がけ、目的別のローンを探すと金利が安くなるため臨機応変に考えると今後の生活に役立ちます。

 

借金苦になる人間の特徴はお金に対する意識が弱い場合が多く、金銭感覚を麻痺してお金を使いすぎる傾向が強いです。
借入をする時は今後の生活に役立てるように目的を決め、責任を持って今後の返済計画を立てて滞納をせずに使うように心がける必要があります。

 

甘い考えが起こした借金苦

私は20歳頃に作った借入により、返済に追われる日々を送ってきました。
最初はほんの出来心、理由は簡単で遊ぶお金欲しさでした。
始めの1社目の借金は緊張していたことを今でも覚えています。

 

誰かに見られるんじゃないか、親や会社にばれたりしないだろうか、そんな事もいざ現金を引き出せば忘れてしまいます。
支払い日も融通がきくし、月々の借金返済額は5000円「なんだこんなものか、余裕じゃん」といつでも返せる気持ちでいました。
悲劇はそこからだったのです。

 

遊ぶために借りたお金なんてあっと言う間に無くなってしまいました。
そこで思ったとこは、また借りればいいやと言う甘い考え。そう思ってからは早かったです。
2件3件と次々に借りていき、気づいた時には借金苦。

 

月々の返済額も5000円が1万、1万が2万と増えていき最終的には5万円くらいになっていたはずです。
その頃にはもう他社で借り入れができない状態なっており、そんなに稼ぎもないのに給料を支払いに充てる日々、でもなかなか元金は減らずただただ後悔をしていました。
借金苦ですので、もちろん遊びにも行けません。

 

返済のために働く日々が苦痛になり、裁判所へ行き債務整理をしました。
月の支払額を減らしてもらい完済するためです。
今でも返済は続いていますが、ようやく終わりが見えてきたところです。

 

若気の至りと言えば聞こえは良いですが、正直支払いに追われているときは生きた心地がしませんでした。
今後、無事に完済できれば借金は無くなりますが、もう借入はしないでしょう。
自分の収入から身の丈に合った生活をしていきたいと思います。

 

借金苦は真面目な人ほど苦しみも大きい

たとえ何円の借入をしようとも、順調に返済ができるなら大丈夫です。
何も苦しいことなどはないでしょう。

 

問題になるのは、順調に返せなくなってしまった時です。
借金苦とは、正にそんな状況に陥った時に感じるものなのです。

 

ただしそんな状況も、感じる苦しみの度合いには大きな個人差があるようです。
その借金苦は、借入の総額が大きくなればなるほど増大してゆく傾向があります。

 

また、同じ程度の借金を抱えていて同じくらいに返済が大変な人であっても、その人自身の性格によって感じ方の個人差は大きいようです。

 

借金苦とは、どうも真面目な人ほど強く感じる傾向があるようです。
真面目な人は正直で責任感も強いので、「借りたお金は必ず返さなければならない」と強く思い込むのです。

 

すると返せない自分が許せなくなってしまい、精神的に追い詰められてしまうのです。
ですから借金苦は非常に大きくなってしまうというわけです。

 

その点、不真面目でずぼらな人は、苦しみも比較的小さいようです。
そんな人は責任感も小さいので、「返せないものは返せない」と開き直ることが多いのでしょう。

 

ですから真面目な人に比べると、明らかに借金苦は小さくて済むのです。
本当に羨ましいほど得な性格です。

 

借金返済問題の解決なら、プロの法律家に相談するのが一番ですが、どこに相談すればいいのか、普通は分かりませんよね?
そんな時は無料で利用できる「借金返済シュミレーター」がおすすめです!
診断後に法律事務所を紹介して貰う事も可能なので、解決できそうか確認してみましょう。

>>借金返済シュミレーター<<